白神山地、ぶな林散策歩道と暗門の滝歩道

b0022522_18264815.jpg

人ひとりがやっと通れるほど狭い道幅の「暗門の滝歩道」


b0022522_18305954.jpg

一番下流の「第三の滝」


b0022522_1832176.jpg

「第二の滝」


b0022522_18325474.jpg

一番上流の「第一の滝」




■暗門の滝は白神山地でも最も有名な観光スポットです。
特に秋の紅葉は素晴しいです。
コースのスタート地点の暗門大橋まで観光バスが来ることもあって白神山地の他の場所よりも人出がありました。

さあ出発!!!
スタート地点の休憩所で「白神山地森林環境整備」の協力金をほんの少し寄付し、美味しい湧き水をペットボトルに詰めて出発しました。

地元の方のお勧めは「ぶな林散策歩道」から「暗門の滝歩道」に入るコースです。
この逆コースだと「ぶな林散策歩道」の方が急な上り坂が多くなりちょっと大変だそうです。
心地よい汗をかきながら足取りも軽くフカフカの落ち葉のじゅうたんを踏みしめてブナ林を散策。
最後の急坂を下りると「暗門の滝歩道」に合流です。

「暗門の滝歩道」は片道約1時間で3つの滝をめぐるコースです。
峻険な岩壁に囲まれた渓流沿いの歩道は整備されていますが足元が滑りやすく落石の危険もあり、雨で増水すると通行止めになります。
急流に架かる橋を渡ったり、原生林に包まれた断崖が目の前に迫ったり、人ひとりがやっと通れるほどのかなり狭い道幅が続きます。
人とすれ違うのに譲り合わないといけないため、時間は余裕をもった方が良さそうです。
滝は普通下から1、2、3と名付けられているそうですが、暗門の滝は下から第三の滝、第ニの滝、第一の滝と逆になっています。
またぎの時代、下流から登るのが困難で山側から見える滝であったことから現在の名前がついたそうで、上に登るほど落差が大きくなります。
第二の滝に着いた時に一瞬の強風が吹き、断崖の上から落ち葉がひらひらと滝の前に舞ってきてとても美しい光景に感動しましたヾ(@^▽^@)ノ ワーイ

ところでひとつ気になることがありました。
案内版やパンフレットの入山マナーに「ペットの持ち込みはやめて!貴重な生態系に影響を与えるおそれがあります」と書いてあるにもかかわらず犬を連れての入山者が何人かいました。
飼い主からみればペットは可愛いし家族の一員かもしれません。
でも決まりごとはケジメを付けて守るべきだと思いました。
思わず思い飼い主の顔を見てしまいましたが注意までする勇気はありませんでした~なんて情けない(-_-;)
[PR]
by xxkilalaxx | 2004-12-20 18:46 | 自然


<< ぎりぎりセーフのクリスマス画像 十二湖と日本キャニオン >>